妊娠中 痔 悪化

妊娠中の痔の悪化に・・

妊娠中の痔の悪化に・・

妊娠中に痔が悪化・・


 私はこれまで様々な痔の悩みを改善してきましたが、その中でももっとも多いのは妊娠中に痔になったり、それまでの痔が妊娠中に悪化することです。

 一般的に妊娠中は便秘になりやすく、排便の際に肛門を傷つけてしまいがちです。

 痔の中でも、イボ痔や切れ痔など状況によって様々な痔になる方がいます。

 また、その後の出産の際にも痔が悪化してしまうことがよくありますので、妊娠・出産はお尻にとっては非常にストレスのかかる状態といえます。

 
 産婦人科や助産士の方は痔の悪化を防ぐために便秘を防ぐ薬を使用したり、出産の際に肛門を押さえたりしてくれるのですが、これらの対策は悪化を防げればいいという程度のもので、痔そのものを改善するものではありません。

 その結果、出産後も痔の痛みに悩まされたり、出産後の痔の痛みのせいで次の妊娠をしぶってしまったりと、その後の生活にまで影響がでてしまうことも少なくありません。

1日1分のトレーニングを!


 本来、痔の主な原因となるものは便秘や下痢などではなく、「うっ血」といわれる血の流れが悪くなっている状態です。

 普段の生活ではこのうっ血といわれる状態を改善することは容易なことではありません。

 痔の手術や薬は痔そのものには効果がありますが、このうっ血を改善するものではないため、またしばらくすると痔の状態になってしまうのです。

 逆にうっ血を改善させることで、痔になる条件がなくなり、自然と痔そのものも改善されていくのです。

 それではうっ血を改善させるためにはどうしたらよいのでしょうか?

 
 実は、1日1分の簡単なトレーニングでうっ血は改善されていきます。もちろん手術や薬は必要ありません。

 その簡単なトレーニングで、痔に悩む人の98%が改善されたと感じたと答えています。


 妊娠・出産中でも可能な、痔を改善させる簡単トレーニング。ぜひ一度ご覧下さい。

ボタン

PageTop




HOME - ■メニュー1■ - ■メニュー2■ - ■メニュー3■ - ■メニュー4■ - ■メニュー5■ - サイトマップ